年齢を重ねるたびに用心すべき、スキンケア

祖母と母と二代に渡って、顔にシミやソバカスがあったので、私にもいつか遺伝としてシミやソバカスが年代が若いうちから出てくるのではないかと思っていました。しかし、遺伝などとは関係なく、シミやソバカスが気になるようになってくるとテレビや雑誌から情報を得てからは紫外線に特に気を付けるようになりました。
ところが、二十代も後半に差しかかった時、転機は訪れました。それまで何となく使っていた日焼け止めに効果を感じなくなったのです。何だか顔がヒリヒリする、シミやソバカスが以前より増えて来たような気がする、と、入浴後に鏡を見て思うようになりました。
そして、その数日後、特に紫外線が強かった日のことでした。帰宅後より顔の皮膚がいつもより敏感だと感じ、メイク落としを使用した時、顔にビリビリとした痛みが走りました。特に痛みがひどかったのが頬でした。優しく洗顔した後に鏡を見ると、顔全体が真っ赤になり、熱を帯びていました。夜も眠れず、困り果て、皮膚科に行きました。年齢を重ねると皮膚が老化していくので、それによる炎症だということでした。
それ以来、スキンケア用品には敏感肌専用の物を使用しています。少々、値段は高くつくようになりましたが、あの日のことを思うと安い物だと思うことにしています。年齢を重ねるようになるとスキンケアには注意とお金が必要になってくるのだと感じました。
http://xn--in-eh4a1esbx085af72bdkerrb002c1p0a.xyz/