化粧品という世界は実に幅ひろく個性的です。一人一人の女性の想いが詰まったものです。

化粧品に対する女性の想い、価値観は幅広いと思います。化粧品を使う年齢によってもそれは変わるものだと思います。本当に人それぞれです。

今の私にとっての化粧品は、素の自分の肌を活かすものであって欲しいことです。自分の肌が自然に持っている、蘇らせよう、もっと良くなろうという力を引き出してくれるものが良いです。なるべく自然なものでできているものを選ぶようにしています。はちみつやホホバオイルなど大好きです。

もちろん化粧品は女性にとって美しくなるためのツールであると思います。けれど、どんなに化粧して表面上は美しくなったとしても、洗顔した後の自分の肌に元気がなかったらいやです。私は敏感肌で化粧をするとピリピリしたり痒くなったりするので、こういう想いになったのかもしれません。

街ではお店に沢山の化粧品が溢れていますね。
一つ一つの化粧品に、それぞれの価値観や想いが詰まっていて貴重だと思うと化粧品に対する見方が変わってきます。
また最近はなかなか、ムダ毛のお手入れが面倒なのでミュゼ富士見で脱毛を始めました。ミュゼ富士見についてはココを見てください。⇒ミュゼ富士見のお得なWEB予約と店舗情報