珠肌ランシェルはどのタイミングで使えばいい?

珠肌ランシェル
結婚を目の前にしている自分と婚約者のお話をさせていただきます。
彼女とは自分が以前働いている職場で出会いました。
私の方から声をかけさせてもらいそこから意気投合して
交際を始めて早もう2年目になろうとしている時です。

生活はとても贅沢とは言えずカツカツの状態で支払いに追われる日々でした。
あるとき彼女が地元の方に戻りお金が貯まってからまた一緒に会おうという話を
持ち出され、僕はその場に残って仕事を続け、彼女のほうは地元に戻って
パートで働いてお金を貯めて戻ってくる予定でした。
離れてからも一度たりとも連絡は欠かしたことはありません。
実はその時の私はお恥ずかしながら誇れるお仕事をしておらず
一度警察のお世話になり留置所生活を送っていました。
何も知らない彼女は心配してくれて、何日も何日も、返事のないメールを何通も
送ってくれていることを留置所から出てきて見たときは涙が止まりませんでした。
人から必要とされているということがこんなにも嬉しかった一日でしたので
そのことを今ここに体験談という形で書かせていただきました。

少々長文になってしまい申し訳ありません。
珠肌ランシェル