どうして?寝ても寝ても疲れがとれない

寝ても寝ても疲れがとれない人っていますよね?実はわたしもそうです。10時間ぐらい眠っても、目が覚めたときにはだるくて全然疲れがとれていないのです。パートナーによると、いびきをかいていることも多いとのこと。それから、眠っている間に、どきどきすごく苦しくなることがあります。夢の中でうまく息ができなくてもがいているのです。何度もそういうことを経験しているので、最近では、苦しくなったら「これは夢だ!」と気がついて、無理やり目を覚ますようにしています。「何かの病気なのかな?」と思って調べてみると「睡眠時無呼吸症候群」という病気を見つけました。眠っている間に、呼吸が止まってしまうことがある病気です。日中に強い眠気を感じたり、疲労感を感じたりするなどの症状があるとのこと。また、朝起きたときに、口が乾いていることやすっきり起きられないのも睡眠時無呼吸症候群の症状に当てはまります。さらに、肥満気味のほうがなりやすい病気でもあるとのこと。ますますわたしに当てはまっているので、治療方法も調べてみました。あまりひどい場合は、病院で治療をしてもらうことができます。ただ、わたしの場合はそこまでひどくはないと思うので、まずは生活習慣を改善して、体重を減らすことからはじめていきたいです。

マインドガードDXに効果があるといわれるのは、休息サポート成分であるトリプトファンがたくさん配合されていることと、良い眠りに必須のアミノ酸がイイ感じだからでしょう。マインドガードDXは朝ちゃんと起きれれない、起き上がってもクラクラしちゃう、特にお子さんにおすすめ。マインドガードDXの効果について以下にまとめました。

http://www.cmnaisd.net/