食事メニューを改善すれば無理なくダイエット

もしもダイエットを成功させたいと思ったなら、食事メニューはどのようなものが効果的でしょう。カロリー制限さえすれば体重を減らすことは可能ですが、極端な減量をするとリバウンドの原因になり、減った体重が一気に戻ってしまいます。

ダイエットのために食べるのを我慢するというのは、やはり良い方法ではないといえます。ダイエットを念頭に置いた食事メニューを決める時には、食事量は減らし過ぎずに、一日三食きちんと摂りましょう。一日の活力になる食事をきちんと摂ることで、日中のエネルギー代謝が促進され、体温も上がります。朝ご飯を抜くと代謝が悪くなって体温が上がりづらくなり、カロリー燃焼が滞るため、ダイエットがうまくいかなくなります。炭水化物を主食のご飯で摂り、たんぱく質を卵や豆腐で摂ることで、バランスが整います。ダイエット中は、炭水化物を摂ると太ってしまうという印象を持つ人もいますが、朝ご飯は活動量を増やすための熱源が必須です。昼食ですが、この時間帯は消化酵素の働きが活発なため、あまりカロリーを気にせずに食べたいメニューを選びましょう。時間通りの食事を昼間にきちんと摂ることで、夕食の食べ過ぎ予防の効果もあります。晩は食事後にあまり体を動かさないので食事の量は軽めにして、野菜に比重を置き、良質なたんぱく質のメニューにします。食事メニューをどうするかで、ダイエットの効率は大きく変わりますので、栄養のバランスやカロリー量に注意をするようにしましょう。
ストラッシュ 効果