コラーゲンが配合されたサプリメントの種類について

コラーゲンのサプリメントを利用する人が多いようです。

コラーゲンには、魚のコラーゲンと、動物のコラーゲンとがあります。
動物由来のサプリメントは、豚や鶏など動物の皮の部分から抽出することによって製造されています。
サプリメントに含まれているコラーゲンは、胃腸で分解される前に消化酵素によってアミノ酸ペプチドの分解され、
腸から吸収されて体内で使われています。

ブタやニワトリを材料にしたコラーゲンは、吸収力が高くないというネックがあります。
魚と豚とを比べてみると、豚のほうが体内での吸収がうまくいかないといいます。
動物を原料にした時よりも、魚を原料にしたコラーゲンのほうが、スムーズに吸収されるといいます。

魚のコラーゲンは、ウロコや皮から抽出したものです。ウロコは材料調達費が安価なため、
低価格のコラーゲンサプリメントの材料となっています。
ただし、ウロコから抽出されたコラーゲンは、精製上の問題が指摘されているので注意が必要です。
コラーゲン自体は同じものですが、ウロコは皮の部分より硬いので、塩酸を使って成分を抽出しています。
そのため、サプリメントに塩酸が残ってしまう可能性があることと、コラーゲンそのものを塩酸が
分解してしまうことがありますので、製品の質には注意が必要です。

これらの要素を考えると、ウロコではなく魚の皮を原材料にしたコラーゲンサプリメントを使ったほうがいいでしょう。
サプリメントでコラーゲンを摂取する場合、原料を確認して、コラーゲンの性質を把握することが大事です。

犬の誕生日や記念日にオススメの商品はこちらをクリック!